429k.net/トップページへ
TOP / ワーキングビークル&トラックコレクション研究室 / カーコレクション第9弾
カーコレクション第9弾
昭和を再現するアイテムもココまで充実。
オート三輪参上。
12種+シークレット4種の計16種。
封入パターンは12パターン+シークレット2セットの計14パターン。
購入履歴
2010年3月・1BOX購入
シークレット無しのノーマルコンプリート。
封入パターンは第5・7弾と同じ12通り。
1BOX買うと丁度2台づつになるという親切設計。
オート三輪の前輪のアップ。
タイヤは回転しますが残念ながらステアリングは切れません。

マツダK360

ダイハツCO8

サンバーバン

トヨエース
オート三輪 マツダK360

流線型のボディがユーモラスなオート三輪。
幌無しには荷物パーツが付属。
オート三輪 ダイハツCO8

三輪でこのサイズだとかなり運転にテクニックが必要だったのではないだろうか。
幌無しには荷物パーツが付属。
一般色サンバーバン

現在もその車種名を残すサンバーの初代の姿。
そのシルエットからも分かる通り、軽の名車スバル360「てんとう虫」がベース。
一般色 トヨエース

現在は提携先の日野・ダイハツの同クラス車と共通設計となったトヨエースも昔はこんなに個性的。
フロントの開口部はエアコン無しが当たり前の当時、夏場に風を送り込むためのものだろうか。
ダイハツ ダイハツCO8
マツダオート マツダK360
(シークレット)

それぞれ幌に「ダイハツ」「マツダオート」の字が入っています。
サンバーバン
水色 トヨエース
(シークレット)

色以外特に目立った違いは無いようです。

青/ダイハツCO8
緑/マツダK360

(「週刊鉄道模型少年時代」付属品)
ダイハツCO8の青は通常品よりも濃い目で木材が付属。
マツダK360は通常品には無いカラーリング。
幌と荷物の両方が付いてちょっと豪華仕様。

濃灰色/トヨエース
水色/サンバーバン

(「週刊鉄道模型少年時代」付属品)
トヨエースはかなり目立つ色合い。
サンバーバンの水色は通常品より薄い感じ。
この4台の詳細は週刊SL鉄道模型も参照されたし。

緑色/サンバーバン
黄緑/マツダK360
黄色/ダイハツCO8
扇港電機/トヨエース

(カーコレクション基本セットI1)
幌・積荷などの付録は一切無し。
トヨエースに突如一般企業の所有車が登場。

←戻る / TOPへ / ページの先頭へ↑